ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました


ミニレッキス:20040916_01

今日の日記は、まぁちゃんに書いてもらいます。

注射をしても点滴をしても、いっこうにウンチの出ないくうたんが心配で、仕事帰り、けいこちゃんちに行ってみました。

すでにお水も受け付けなくなってしまった くうたん。なんとか保温で体温を保っているけど、ちょっとしたことですぐに低くなってしまう。体温が低いのは かなりキケンな状態です。お腹を触ってみたら、胃がパンパンに張ってました。
アンちゃんはレーザーですぐに動き出したことを話すと、くうたんを連れて行きたい!ということで病院に電話してみたら、連れてきていいですよと言ってくれたのでタクシーを飛ばしてゴー!院長先生と、夜間当番の先生が待っててくれました。

鍼とレーザーで刺激を与え、プリンペランの注射をしたら、少しだけど腸が動いた!院長先生が聴診器を貸してくれて、動く音を聞かせてくれました。今まで何をしても動かなかった腸が動き出して、けいこちゃん、感涙。
その動きを持続させるには、とにかく何か食べないとダメだということで、流動食を作って強制給餌も。ペレットを粉末にしたものをヨーグルトでネリネリして、それをシリンジに詰めます。シリンジは、先っぽの部分を切ってただの筒状にしたもので、切り口をライターであぶって丸くしたんだけど、これが くうたんのお口にジャストフィットする大きさでした。
2.5mlのシリンジ2本分を完食!イヤがらずにしっかり食べてくれました。さすが先生、食べさせるのがお上手。1人でも食べさせられるように、上手なバスタオルの巻き方も教わりました。

その後、触診のときにちょっとお腹に気になる部分があったのでレントゲン撮影。異物は見当たらなかったけど、胃の食滞だということが判明しました。胃が動かないから腸も動けなかったみたい。
胃を動かすにはとにかく何か食べなくちゃダメで、けいこちゃんは夜通し強制給餌です。少しでも胃が動き出したら、食いしん坊のくうたんのことだからきっとモリモリ食べてくれるはず!けいこちゃん、もうちょっと頑張ってね。先生に色々聞けて良かったね。
くうたん、意地張ってないで食べましょうね~!!

  • 強制給餌
  • ペレット・ヨーグルト・砂糖を溶いたもの(ハチミツも可)をミックス
  • ブドウ糖摂取のためにブドウをあげるのもOK
  • 繊維質の入った水もOK(ファイブミニは炭酸なので×)
  • 少しでも食べるようになったら、とにかく牧草を食べさせること。
  • いつまでもオヤツばかりあげてちゃダメ。
  • 食べない時間を長引かせるのは×!とにかく早めに強制給餌をすること!

まぁちゃん、やっと帰ってきた~。甘えちゃおうっと。 くうたん、頑張ってね!

明日から僕は横浜に行きます。帰ってくるのは26日です。

追記:
現在17日の午前3時半
くうたんが甲高い声で鳴いて、苦しそうにしてるらしい。
また病院に逆戻りだ。。。頑張れくうたん!

追記その2:
17日午前5時半
けっきょく病院には行かずにマッサージ続行。
ギュルギュルってすごい音が連発して、くうたん飛び上がる。
しばらくしたら、キョロキョロしながら匂いをかいで野菜を食べた!
やったーーー!そのあとパパタブも食べたよ。

[ANDYの日々]
  • にほんブログ村ミニレッキス
  • にほんブログ村 猫 mixハチワレ
  • fc2うさぎ
  • 人気ブログランキング
  • twitter
  • facebook

Thank you for the comment

誹謗中傷・スパム・マルチポスト・不快なコメントは削除します

ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。