ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました


去勢手術をした理由

ANDYは生後5ヶ月の時に去勢手術を受けました。その理由は・・・

私が去勢手術を選択した理由
  • 部屋中でオシッコをしてしまう
  • 興奮すると本気で噛み付く
  • ANDYを怖いと思ってしまった
  • ADNYが私を噛むと、ANDYが怒られる
獣医さんが去勢勧めてくれた理由
  • 余計なストレスを無くす事で長生きする
  • 性欲を無くし、他の楽しみを覚える
  • 性格が温和になる
  • 睾丸癌の予防になる
  • 噛みたくて噛んでるわけではないので、その原因を取り除く

手術に対して不安はあったけど、信頼できる先生だし、ANDYともっともっと仲良くなる為に、そしてANDYが楽しく過ごせるようにと思って決断しました。スプレーが習慣になる前に手術した方がいいのですが、早すぎると尿道結石になる確立が高いので、しっかり成熟してからが良いそうです。

去勢手術を受けた病院:阿佐ヶ谷ペットクリニック

去勢手術当日から最終通院までの記録

2000/11/1(水) - 手術当日

事前準備

いよいよ手術当日。病院に行く前に、ニンジン・チンゲンサイ・ペレット20g・牧草を食べさせました。
ウサギは吐く事が出来ないので、絶食させる必要はありません。それどころか、常に消化器官を動かしていなければならないので、麻酔が覚めたときに胃や腸に何も入っていないのは危険です。腸にガスが溜まって死んでしまうこともあるそうです。

10:00病院へ - 去勢手術前の検査

血液検査とレントゲン撮影をしてもらいました。
血液検査の結果、腎臓の数値が少し高かったのですが、問題があるほどでは無かったので点滴で水分補給をしてもらい、そのままお預かりです。牧草・ペレット・パパイヤタブレット・ウサギのぬいぐるみのピョンコさんを持って行きました。

14:30 - 去勢手術開始

軽い催眠状態になる麻酔をかけてから、本格的な麻酔をかけたそうです。
麻酔をかけると睾丸がお腹の中に下がって行ってしまうので、看護師さんがお腹を押しながらの手術です。

2cm位切って、そこから左右両方のタマを取り出します。取り出したタマの付け根の部分を、2箇所糸でしばってから切り取ります。その後、溶ける糸で縫合して終了。手術はだいたい15分で終わったそうです。
麻酔が切れる前に奥歯のチェックと眉毛抜きをしてもらいました。ミニレッキスの眉毛は縮れているので、長くなると目に入ってしまうのです。ふだんなかなか見れない奥歯や耳の奥の方も見てもらいました。

15:30にはすべて終了。

18:30 - 面会~入院

保育器の中でボーッとしてたけど、私が呼ぶとこっちを見てくれました。
そして牧草をムシャムシャ。先生も看護師さんも、ANDYの食欲と肝っ玉のデカさにビックリしていました。麻酔が切れてすぐに食べるのは珍しいそうです。

面会の後、手術のときのビデオを見せてもらい、切り取られた睾丸と抜いた眉毛をもらいました。

今日は大事をとって入院です(´・ω・`)

2000/11/2(木) - 去勢手術翌日~入院

ご飯食べてるかな。痛がってないかな。昨日元気だったし、病院だし、心配することは無いと思うのですが、ドキドキして仕事が手につかなかったです。

18:00 面会

保育器の中のANDYは、昨日よりとっても元気でした。私が手をいれると、ペロペロと舐めてくれました。

本当は退院の予定だったのですが、この日はあいにく雨だったのと、先生が「もう1日ここでゆっくりしてもらいましょう。その方が安全ですよ。」と仰ってくれたので、この日も入院することになりました。連れて帰りたい気持ちを押さえ、泣く泣く一人で帰りました。
ANDYのいないケージは、ガラーンとしててとっても寂しかったです。

2000/11/3(金) - 去勢手術後2日目~お迎え

午後の注射が終わって落ち着いてからのほうが良いという事で、18:00頃迎えに行きました。祝日だったので他の患者さんはいません。

先生に抱かれてやってきたANDYは、黄色いエリザベスカラーをしていました。傷口を気にして舐めていたからだそうです。黄色が似合っててとってもかわいらしかったです♪
家に帰ったら外して様子を見て、傷口をしょっちゅう舐めるようだったらまた付けて下さいと言われたのですが、取ったら最後、2度とつけさせてくれませんでしたw

明日のお昼に予約を入れ、元気に退院です。
2日ぶりに家に戻ったANDYはとっても興奮していて、匂い付けに夢中…。

2000/11/4(土) - 去勢手術後3日目~診察

予約した12:00に病院へ。傷口はだいぶ綺麗になっていました。
抗生物質の注射を打ってもらって、この日の診察は終了。注射は今日でおしまいなので、抗生物質と整腸剤入りのビタミン剤を5日分もらいました。ANDYはお薬大好きなので、シリンジで簡単に飲ませることが出来ます。

2000/11/8(水) - 去勢手術後4日目~診察

傷口はすっかり綺麗になっていたのですが、他の部分に気になる点が・・・。
点滴や注射の針を刺した所がかさぶたになってしまっていたのです。ずっと同じところにしていたのが原因のようです。ウサギの皮膚はとっても弱いからなのでしょう。背中の、首よりちょっとお尻寄りの所に直径2cm程のかさぶたが・・・。

化膿止めにと、抗生物質のお薬をもらいました。薬を飲む機会が増えて、ANDYは嬉しそうでした。
かさぶたは、自然に剥がれるまで取らないようにと言われました。無理に取ると、更に皮膚を傷めてしまう事があるからだそうです。そして、もしかしたら小さなハゲが残るかもしれないと・・・。それはちょっと可愛そうかも。

去勢後の様子

手術後2・3回、ベッドの上でオシッコをしたけど、それ以降はちゃんとトイレで出来るようになりました♪噛み付くことは1度もないです。それに、とっても甘えん坊になりました。一人遊びよりも、私と遊ぶ事が楽しくなったようにも思えます。しょっちゅうへばり付いて来て、ナデナデを要求します。
そして食欲旺盛に。性欲が食欲に変わってしまったようです。体重がグンと増えました。いきがり運動が減ったので、これからは体重に気をつけないと…。

色々不安はあったけど、手術をして良かったと思ってます。
心配していたカサブタは、綺麗に治りました。

去勢手術をして思ったこと

手術の前に、先生としっかり話し合うことがとっても大事だと思いました。

簡単な手術だと言っても、麻酔を使い、体の一部を切り取るのです。自分で色々調べたり、どんな手術をするのか・手術の経験はあるのか等を先生に聞いてみたり。少しでも不安に感じたらどんどん質問する。手術しようと決心しても、無事に帰ってきてくれるまでは心配でたまらないものです。そんな不安や心配を軽くしてくれる、しっかりした知識と技術を持った信頼できる先生と出逢えて、本当に幸せです。

去勢の費用・お薬

去勢手術にかかった費用
  • 手術料:12,000円 (2泊3日の入院費、4回の注射代、薬代含)
  • 血液検査:6,000円
  • レントゲン:3,000円
  • 診察料:800円
去勢手術に使った薬
  • 麻酔:ドミトール(液体) + イソフルレン(ガス)
  • 点滴:ソルラクト + アクトシン
  • 内服薬:バイトリル + プリンペラン
去勢手術に使った薬の効能
  • ソルラクト:循環血液量及び組織間液の減少時における細胞外液の補給・補正、代謝性アシドーシスの補正。
  • アクトシン:死した皮膚を覆う新しい肉芽ができるのを助け、また血管の新生を促す。
  • プリンペラン:弱った胃腸の運動を活発にして、食べ物を胃から腸へ送り出すのを助ける。
  • バイトリル:抗生物質。

去勢手術前の血液検査

Ht44%AST10U/l以下
Tp
5.8g/dlALT45U/l
RBC6.56*10¹²/ALP113U/l
WBC7300/mm³Glu121mg/dl
Hb13.4g/dlBUN25mg/dl
MCV67.1CRE1.2mg/dl
MCH20.4T-Bil0.2mg/dl
MCHC30.5CHOL50mg/dl以下

去勢手術前のレントゲン

rentogen_castration

手術の前には、しっかりと検査をすることをお勧めします。

[うさぎのお医者さん]
  • にほんブログ村ミニレッキス
  • にほんブログ村 猫 mixハチワレ
  • fc2うさぎ
  • 人気ブログランキング
  • twitter
  • facebook

ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。