ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました


うっ滞のことなんて忘れてしまいそうなぐらい、何年もうっ滞知らずだったアンちゃんなのですが、久しぶりにお腹痛い子ちゃんになっちゃいました。 ミニレッキス:20111011_01

朝ごはんの催促がなく、イヤな感じだなぁと思いつつ、元気が無いわけじゃなかったので心配しつつもお仕事へ。(祭日なのになんでーヾ(o`д´o)ノ゛)
お昼休みと3時休憩のときに、おかんに電話で確認してみるも、食べる気配はなく。そのくせ、乾燥パパイヤはすごい勢いで食べたらしいヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
帰りにパイナップルを買って、家に到着したのは17時40分。牧草もペレットも減ってないよ。

身体を触ってみると体温が低かったので、温灸セットを引っ張り出してみた。温灸大好きっ子アンちゃんは、気持ち良さそうにウットリ。そして、パイナップルをモグモグ。お?いい感じ?と思ったのもつかの間、牧草を食べようとして( ゚ ρ ゚ )ボーーーー 大好物のバナナをあげてみたら、これは完食(・ω・ ? ) エッ わけわからんし・・・

甘ったれてるのかなぁとも思ったけど、腸は明らかに動いていないので、うっ滞確定。ってことで、マッサージと温灸の繰り返し。
ついでに、豪華お食事セットもご用意してみました。 ミニレッキス:20111011_02 左から、ポカリ・パイナップル・ペレット+乾燥パパイヤ・柔らか牧草

少しずつ回復してるように見えても、腸が動き出す気配がない。
年齢と、食べていない時間を考慮して、病院行きを決定したのが23時半頃。

「うさぎがお世話になってる○○です」と電話すると、「あぁ、ANDYちゃんね」と先生。ちゃんと名前を覚えていてくれてて感激だ(*'▽'*)わぁ♪
「うっ滞で、どうしても腸が動かないので、プリンペランがあればと思って」と言うと、「プリンペランありますよ。注射しちゃいますか?」というお返事だったので、「はい、すぐ向かいます!」と、ものすごい霧の中を爆走したのでした。

先生も年齢のことを気にしてて、
「若い頃のようにすぐ良くなるとは限らないので、よく観察してくださいね」と言いながらチックン。
「腸が動かないことも心配ですが、それ以上に食べないことが心配です。食べない限り治らないので、ペリアクチンと調整剤を混ぜたものを出しますね。」
とゆーわけで、大好きなお薬を貰ってきました。
診察台の上で、ペリアクチンを一気飲みしたのは言うまでもない(ノ∀`)

で、帰ってきてすぐに↓↓牧草に食らいつくアンちゃん(゚Д゚ノ)ノ ミニレッキス:20111011_03

とりあえずは一安心なのですが、まだ例のデッカイうんちが出ていないので、それが出るまでは気を抜けません。デカくて柔らかくてクッサイ、うっ滞後の独特のあのウンチ、早く出ないかなぁ。

  • 今日の診断
    • 胃腸に何も入っていない
    • 何かが詰まっているわけではない
    • 若い頃のようにいかないかもしれない事を考慮する
    • しっかり食べさせること
    • 明日も調子悪そうだったら通院
  • 診察料
    • 再診料 --- 630円
    • 注射 --- 2,000円
    • 内服薬 --- 1,150円
    • 時間外診察料 --- 5,000円
[ANDYの日々]
  • にほんブログ村ミニレッキス
  • にほんブログ村 猫 mixハチワレ
  • fc2うさぎ
  • 人気ブログランキング
  • twitter
  • facebook

Thank you for the comment

さゆり says...

アンちゃん、がんばれー!
ファイトーー!( ゜ロ゜)乂(゜ロ゜ )イッパーーツ!!

  • #Cgqu.8GI
  •  edit

誹謗中傷・スパム・マルチポスト・不快なコメントは削除します

ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。