ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました


どうしてもうさぎさんと暮らしたくて、「うさぎ 里親募集 ブリーダー」でググッてみました。かなりの数のサイトがヒットしたのですが、私の条件は立ち耳であることでした。
色々見ていると、『ビロードのような手触りの…』という文章が。ビロード?それってどんな手触りなの?極上毛布みたいなカンジ?興味深々でそのサイトをクリックすると、コンモリした背中の立ち耳うさぎさんが!姿かたちは私の求めているうさぎそのものでした。しかも手触りがビロード!!すべてのページをくまなく読み、物怖じしない大らかな性格にも惹かれました。しかも、電車1本で行ける場所にラビトリーがありました。

サイトに載っている写真を見てオパールという色が気になったので、
「オパールの女の子希望」とメールを出したら、すぐに返事が返ってきました。
「今お譲りできる子はブルーしかいないです。少し待って頂ければオパールが産まれると思いますが、良かったら一度見学にいらしてください。」と。
ええ?!行ってもいいの?触らせてくれるの?私は大興奮!すぐに見学に行く日時を決め、妹とふたりで出かけました。2000年7月17日のお昼過ぎです。電車で行ったのですが、最寄り駅まで車でお迎えに来てくれました。

おうちにお伺いしてすぐに、オパールの女の子を見せてくれたのですが、この子は本当に可愛くて大人しくて綺麗な子でした。息をフーッと吹いて、毛のカラーがリングになっている所も見せてくれました。やっぱりオパールって可愛いな。綺麗だな。と思いました。

ショーの話やアメリカのブリーダーさんの話、ペットにするには男の子の方がオススメだという話、餌や毛の手入れの仕方などを聞かせてくれて、いざベビー達とご対面。大きな大きなキャリーの中で、5匹の小さな子がピョンピョンしてました。これがANDYとの初対面です。このときANDYは生後48日目でした。
事前にサイトでブルーの子をチェックしたのですが、なんだかお爺ちゃんみたいな色だなぁという印象しかなかったです。

しかし、実際に見てみるとそれはそれは綺麗な色で、ピカピカツヤツヤしてました。ベビーファーのホワホワした触り心地もたまらなかったです。もうすでにお迎えモードに突入です。あれだけオパールに拘ってたのに。

まだどの子も新しいおうちが決まっていなかったので、好きな子を選んでいいですと言われ、1匹ずつお顔を見て、動きを観察して、ちょっと抱っこさせて貰いました。
男の子3匹・女の子2匹でみんなブルーです。5匹のうち、1匹だけどうしても目が離せない子がいました。それがANDYです。お顔がとても可愛くて、活発に動いてて、牧草をポリポリ食べてました。
「その子は懐っこくて可愛い子ですよ。男の子です。」と言われ、私の心はほぼ決まりました。
他にもう1匹、とてもお耳が長い子が気になったのですが、この子はどんな子ですか?と聞くと、「ちょっと臆病な子なので、さっきの子の方がオススメです。」と。そっか、やっぱりあの子だ!「この子にします。」とANDYを抱き上げました。まだ片手に乗る大きさでした。

すぐにでも連れて帰りたかったのですが、まだママのオッパイが必要だったので、お迎えに行く日を決めて帰ってきました。この日に決めた子にしてもいいし、またお迎えの時に違う子にしてもいいと言ってくれました。

deai1

そして運命のお迎えの日、2000年8月20日がやってきました。妹の友達に車を借りて、妹に運転してもらって、カラッポのキャリーと大きなスイカを持ってお邪魔しました。
出てきたベビーは前回より少し大きくなってて、4匹になってました。私がお迎えに行く前の週に、女の子が新しいおうちに旅立ったそうです。
残ってる4匹の中から、1匹を選びました。「前に選んだのもその子ですよ。」というお言葉が!やっぱりこの子なんだ。私のおうちに来るのはこの子なんだ!私は嬉しくなりました。

譲渡契約書に署名して、たくさんの牧草と山盛りのペレットと一緒に、ANDYは我が家にやって来ました。
オパールの女の子がブルーの男の子になっちゃったけど、これが運命なんだって思いました。ANDYが呼んでくれたんだって。一生大切にするって心に決めました。

アンちゃん、これからもよろしくね♪

[ANDYのこと]
  • にほんブログ村ミニレッキス
  • にほんブログ村 猫 mixハチワレ
  • fc2うさぎ
  • 人気ブログランキング
  • twitter
  • facebook

ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。