ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました


アンちゃんは今、ハナミズキの足元で、静かにネンネしてます。 アンちゃんが寝てるハナミズキ:20140513_01

牧草のお布団をかぶり、ペレットと燕麦の枕を敷いて、きっと、穏やかな気持ちでネンネしてると思います。

横っちょには、植えたばかりの沈丁花。 アンちゃんが寝てるハナミズキ:20140513_02

昨日の夜から今日にかけて、雨が降りました。アンちゃん、ビシャビシャなってないかなって思いました。冷たくないかな。寒くないかなって思いました。心が少し、キュッてなりました。でも、アンちゃんの魂は私の横にいるので、冷たさや寒さは感じてないって思いなおしました。私もアンちゃんもちょっと寂しいけど、でも大丈夫です。

寂しい気持ちとは裏腹に、なんだかとっても充実した気持ちもあるんです。達成感というか、なんだか清々しいというか、誰かに自慢したくなるような、何とも言えない、気持ちいい気持ち。
それにね、アンちゃんを想って大泣きすることが無いんです。悲しくて悲しくて何も手につかないとか、食欲が無いとか、夜も眠れないってことが無いんです。なんだか冷たい人みたいだけど、私の心は穏やかです。

アンちゃんが亡くなる1週間前、私はアンちゃんに言いました。「無理しなくていいんだよ。頑張らなくていいんだよ。アンちゃんの気持ち、わかってるから。アンちゃん、ありがとうね。とっても楽しかったよ。」って。その時アンちゃんは、私の顔を思いっきり舐めてくれました。そして、1週間も頑張ってくれました。

もう起き上がらないアンちゃんの体。その右足が、ちょっと濡れてました。私の涙かと思いました。オチッコかと思いました。軽く拭いてみました。そしたら、けっこう濡れてました。オチッコの臭いはしませんでした。なんだろう?右足を包むように、ティッシュで軽く押さえてみました。ティッシュがすぐに、ビショビショになりました。
あれ?なんだろう?軽くアンヨを持ち上げて、よーく見てみました。そしたら…人間でいう、親指の側面からカカトに掛けての部分の皮が剥けて、骨が覗いてました。それを見た時、アンちゃんの強さを思い知らされた気がしました。涙があふれました。

最後の何日かは、左足は全然言うことをきかない状態になっていたので、ピョンピョンする時は右足だけが地面についてる状態でした。左足は宙に浮いたままでした。座るのも動くのも、右足だけが頑張ってました。皮が剥けて骨が見えるほど、右足は頑張ってたんです。最後は、右足も左足も、膝が内側で足の裏が外側に開く格好ででした。簡単に言うと、エックス脚です。尚且つ、小指側は浮いている状態でした。その、皮が剥けた部分、とても痛かったと思うんです。

そんな状況でも、アンちゃんは私と一緒に生きていたいと思ってくれました。私が帰ると、嬉しいお顔になりました。甘えてくれました。力の限り頑張ってくれました。生きているのが不思議なぐらいでした。
アンちゃんも私も、心の中は同じでした。お互いに、掛け替えのない存在だったことは間違いないです。自信をもって言えます。だから、私は大丈夫です。

今までブログには書かなかった、アンちゃんと私の色々なことを、これから少しの間書き綴ってみようと思います。最初は辛いことばかりになってしまうかもしれないけど、アンちゃんの頑張りを残しておきたいから。
そのあとは、ゆっくり思い出話をしようかなって思います。

アンちゃんへの温かいメッセージ、ありがとうございます。アンちゃんが、たくさんの勇気や希望を与えてくれていたこと、とても誇りに思います。

アンちゃんは、私の自慢です!

[ANDYの日々]
  • にほんブログ村ミニレッキス
  • にほんブログ村 猫 mixハチワレ
  • fc2うさぎ
  • 人気ブログランキング
  • twitter
  • facebook

Thank you for the comment

- says...

このコメントは管理人のみ閲覧できます

nacchy says...

アンちゃんと飼い主様の強い絆を感じております。
私も 今斜頚で眼振のうさぎ、介護うさぎたちと頑張っています。
うさぎたちと生きていく上で とても励みになります。
いつも細かな描写もありがとうございます。

- says...

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- says...

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誹謗中傷・スパム・マルチポスト・不快なコメントは削除します

ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。