ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました


抱っこされてるとおとなしいHALUのために、より一層抱かれてる雰囲気を醸し出してくれるリュック型キャリーバッグを購入しました。リュック型キャリーバッグ:20150215_01 PEPPYの2WAYバックパックキャリーです。
http://www.peppynet.com/shop/shop.php?id=332102
たいていのリュック型キャリーバッグは横に長いけど、これは縦に長いタイプ。背負っていると、ただのリュックにしか見えません。何より色がとってもイイ!わたし好みのカーキ色です。

使ってみた感想は、ほんのちょっと縦に長すぎるかなという感じ。でも、中でノビーっと立つことができるから、HALU的には良さそう。背が高い人や男の人なら、たぶん気にならないと思います。ちなみに私の身長は157cmです。
底面が狭いという点が、猫にはピッタリなんじゃないかと思います。丸まって寝ると、いい感じにフィットしてました。

背負ってるところを撮るのは至難の業なので、入って遊んでいるところを。 リュック型キャリーバッグに入る猫:20150215_02

生地が厚めでメッシュ部分が少ないので、夏はちょっと暑いかな。両脇についてるポケット(白い部分)に、保冷剤を入れるといいかも。

さて、このキャリーバッグに入ってどこに行ったのかというと、病院です。賛否両論・メリットデメリットいろいろあるのは承知の上で、マイクロチップを入れてもらいました。
DATAMARS社のものです。 マイクロチップ:20150215_03 画像元:DATAMARS

長さ13mm・太さ2mmのマイクロチップを入れる針の先は、普通の注射針よりずっと太くて痛いので、局所麻酔をしてから刺しました。左右の肩甲骨の間にズブッと。麻酔が効いていたみたいで、HALUはそんなに騒がなかったです。
針を刺したところに小さな穴が開いてしまうので、医療用のアロンアルファを塗ってギュッと留めておしまい。リーダーをかざすと、ピッと音がしてちゃんと反応してました(当たり前ですが)。

もしも脱走してしまった場合、迷子になってしまった場合、保護してくれた人がマイクロチップの存在を知っていてくれないと意味はないし、GPS機能が付いているわけでもない。でも、311の時に保護された子は、チップが入っている子ほど自宅に戻るまでの時間が短かったそうです。同じく大震災のあった阪神では、全国でも装着率が高いらしいです。ああいった経験をすると、考え方に少なからず影響を与えるんだと思います。

入れてしまったからには、マイクロチップによる拒絶反応を示さないことを祈るのみ。今のところ、マイクロチップが原因で起こる線維肉腫は、ワクチン性線維肉腫の発生率よりも低いそうです(とある訴訟の国では、それなりの数の訴訟が行われているので、何を信じるかにもよります)。ただ、ゼロでは無い。それだけが心に引っ掛かる部分です。

  • 診察料
    • 再診料 --- 600円
    • マイクロチップ埋込(材料費・技術料) --- 4,500円
    • マイクロチップデータ登録料 --- 1,000円
    • マイクロチップデータ登録料助成金 --- △1,000円
  • 体重 --- 3.9kg
[HALUの日々]
  • にほんブログ村ミニレッキス
  • にほんブログ村 猫 mixハチワレ
  • fc2うさぎ
  • 人気ブログランキング
  • twitter
  • facebook

Thank you for the comment

誹謗中傷・スパム・マルチポスト・不快なコメントは削除します

ミニレッキスのANDY
白黒ハチワレ猫のHALU

アンちゃん元気に13年11か月10日生きました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。